施術を受ける時の注意点

花

小陰唇縮小手術の種類とメリット・デメリット

小陰唇縮小手術にはいくつかの方法があります。その中でも大きく変わるのはメスを使った小陰唇縮小手術とレーザーを使って行なう小陰唇縮小手術です。メスを使った施術は縫合をするため、手術後に抜糸をするために病院に足を運ばないといけません。最近では少しずつ体内に吸収されて消えていく糸での縫合を行なう病院もあるので、施術前に医師に確認をしましょう。メスを使った小陰唇縮小手術はレーザーで行なう施術よりも費用が安いことが特徴なので、費用を抑えたい方におすすめです。もし、メスを使った小陰唇縮小手術を受けたい場合には、開設されてから長く運営している婦人科形成外科に名医がいることが多いです。レーザーを使う小陰唇縮小手術はメスを使った施術よりも費用が高いです。しかし、糸を使って縫合をしないので、抜糸のために通院する必要がありません。レーザーは最近出てきた施術方法なので、大学病院などの大きい病院に名医がいることがあります。また、デリケートな部分を手術するので、施術の実力だけでなく細かく診察してくれることも名医の判断材料でしょう。

名医から施術後の説明を受けることも重要

小陰唇縮小手術は1時間かからずに受けられる手術なので、日帰りで手術を受ける人が多くいます。そのときに医師から術後の説明をしっかりきいて覚えておかないといけないことが沢山あります。細菌感染を防ぐため入浴は傷が完治するまで控えないといけません。また、傷口が開かないように1月間は激しい運動や性行為は控えましょう。また、自転車やオートバイは傷口を圧迫し過ぎてしまうので、暫くは控えた方がいいです。