コンプレックスの対処方法

悩む女性

小陰唇が大きいことを相談する時の目安

小陰唇が大きすぎると下着やズボンを履いたときに痛みを感じます。また、自転車やオートバイに乗ったときも小陰唇が圧迫されるので強い痛みが現われます。そのような症状が出た際には婦人科で診察を受けましょう。そのときに医師に小陰唇肥大と診断される人もいます。もし、小陰唇肥大といわれたときにはしっかりと治療を受けてください。そうすれば、今まで辛いと思っていたことも楽々とこなせるようになります。また、小陰唇が肥大していることでパートナーとの性行為に積極的になれるでしょう。

小陰唇縮小手術をしてくれる名医を探すためにすること

医師から小陰唇肥大と言われたときには、それを改善するために、小陰唇縮小の治療をすることが適切です。また、治療を受けるほどではないものの小陰唇が大きいことを悩んでいる人も小陰唇縮小治療を受けることができます。その治療は、手術を受けることです。これは大きすぎる小陰唇の余分な皮を切り取る方法です。小陰唇縮小手術は保険適応外なので、全額自己負担になります。そのため、治療を受けるのはその治療を得意とする名医がいいと思う人も多いです。小陰唇縮小手術を施術してくれる名医を探す際には、まずどんな小陰唇縮小手術の施術法があるのかを知っておくと良いです。前もって下調べしておくことで、自分の身体に合った小陰唇縮小手術がわかります。そうすれば、自分が受けたい小陰唇縮小手術を得意とする名医を見つけることができるのです。