悩む女性

コンプレックスの対処方法

小陰唇が大きすぎることを悩んでいたり、そのせいで日常生活に影響がでたりします。それを改善するには、小陰唇縮小手術がいいでしょう。その際にはその手術を得意とする名医の元へ診察に行くといいです。

レディ

小陰唇縮小手術の受診方法

小陰唇縮小手術は保険適応外の治療です。そのため、治療費は全額自己負担しないといけません。それならば、小陰唇縮小手術の実績の高い名医の元で治療を行いたいものです。そのための病院の探し方を紹介します。

花

施術を受ける時の注意点

小陰唇縮小手術はすぐに施術が終わるので、日帰りで手術を受ける人もいます。また、病院によっては念のために痛み止めを処方してくれるところもあります。手術はうまくても、その後のケアを怠る医師もいます。だから、しっかりと考えて名医を探すといいです。

小陰唇縮小手術をする理由

女医

小陰唇が肥大している場合のデメリットとは

小陰唇は性器に沿っているひだ状の皮膚のことです。これは幼い頃にはあまり目立ちませんが、思春期に段々と大きくなっていきます。また、妊娠後も小陰唇が大きくなることもあります。小陰唇は膣やほかの性器を細菌から守る役割があるのですが、大きすぎると日常生活に支障をきたす場合もあるのです。それは下着やズボンに小陰唇が圧迫されることで痛みを感じるのです。そのことで専門の医療機関に行って小陰唇肥大と病名を宣告される人も少なくありません。そんな時には、焦らずに肥大した小陰唇を縮小するための治療を受けてください。

女性のコンプレックスでもある小陰唇

女性の中にはその小陰唇が左右で大きさが違うことを悩んでいたり、小陰唇が大きすぎることを悩んでいたりするでしょう。また、小陰唇が大きすぎると日常生活に影響がでます。そのことを相談したときに、小陰唇肥大といわれることもあるのです。そうなると治療を受けることが適切ですが、治療法は手術しかありません。その小陰唇縮小手術は様々な方法がありその手術法によって名医が異なります。自分がどんな小陰唇縮小の手術法を受けたいのかによって受診する名医も変わってくるので、専門の病院に受診するか変わってきます。小陰唇は性器の一部で、繊細や部分です。もし、受診したときに自分に合わないと思ったときには、その後の診察を断ることも大切なので、勇気を持って医師に言いましょう。